体毛の成長サイクル「毛周期」を知るものが脱毛を制す

体毛は、毛母細胞の分裂・増殖により成長を開始します。そして、成長した後は抜け毛となり、私たちの身体から抜け落ちます。では、どの程度の時間をかけ、体毛は成長し抜け落ちて行くのでしょうか?
まず最初に知っておきたいのは、体毛は3つの段階で成長を繰り返しているということです。この成長段階を「毛周期」と呼び、それは、成長期→退行期→休止期の3つの段階で構成され、また体毛1本1本がそれぞれ独自のサイクルで毛周期を繰り返します。このそれぞれのサイクルによって、私たちの体毛は常に体表にある状態となります。
ではそれぞれの段階について見てみましょう。成長期は、文字通り体毛の成長が盛んな時期となりますが、この時期に毛母細胞が破壊されてしまうと体毛は成長せず、その後も生えて来なくなります。次に退行期ですが、毛母細胞の分裂が停止し、毛乳頭が毛球から離れて抜け落ちる準備を始める時期となります。最後に休止期は、退行期を経た体毛が実際に抜け落ち、毛乳頭が活動を停止します。体毛は休止期を経て、再び毛母細胞の活動によって成長期へと向かうのです。
体毛の部位によっても毛周期が違うのはご存知ですか? 詳しく見てみましょう。まずは分かりやすい頭髪ですが、成長期には1日に0.3ミリ程度ずつ伸び、毛周期は4ヶ月と体毛の中では一番毛周期が長くなっています。顔はまつげや眉毛、ヒゲなどありますが、毛周期は速く2ヶ月です。ワキやビキニラインの体毛は頭髪と良く似ていて、その毛周期は4ヶ月ほどとなります。最後に手や脚は体表に出て来てから抜け落ちるまでが長く、成長期が3ヶ月?半年ほどとバラツキがあります。