毛嚢炎に注意!安易なムダ毛の自己処理はタブーなのです。

 毛膿炎とは、処理をした際に毛穴から最近が入り込み、毛根の周囲に赤みや腫れ、化膿などを引き起こす肌トラブルです。にきびとは違い、にきびは毛穴が角栓で詰まって皮脂がたまる「にきび芯」ができますが、毛膿炎は「にきび芯」はできません。
 では、毛膿炎とは、どのような処理によって引き起こされるのでしょうか? 毛膿炎の原因は、不潔な環境下でのむだ毛処理をした際に傷ついた皮膚に細菌が入り込むことによって起こります。特に毛抜きで無理に抜こうとして毛穴を広げてしまうと、そこから細菌が入りますので、自己処理をする際には注意しましょう。毛膿炎にならないためにはエステや医療機関での脱毛が良いですが、どうしても自己処理をする場合には除毛クリームが良いようです。カミソリなどを使う際には傷を作らないように注意し、事前に処理する箇所とカミソリなどを消毒してから処理を行うことによって、毛膿炎のトラブルからはある程度回避できるようです。
 どんなに注意をしても、毛膿炎になってしまったら仕方がありません。毛膿炎になってしまったらどうしたら良いでしょう。肌に赤みや腫れ、痛みなどがある場合には、皮膚科などを受診し、きちんと医師に診察してもらい適切な処置をしてもらいましょう。これは必要なことです。放っておくと、患部が広がりますし、それによって別の肌トラブルも招きかねません。それに後々傷跡が残る可能性もありますので、しっかりと処置を受けておきましょう。そして、処理の方法も考え直すことも必要でしょう。