脱毛、除毛、抑毛それぞれの違いをしっかりと把握しよう

皆様は、脱毛・除毛・抑毛の3種類の違いを説明できますか? みんな同じような意味だと思っていませんか? 実はそれぞれちゃんと異なる言葉なのです。
 まずは「脱毛」です。エステなどのCMで良く聞かれたり見られたりされていると思います。「永久脱毛」などですね。脱毛の意味するところは、レーザーなどで毛母細胞にダメージを与え、再生不能にしてしまうという、体毛自体を無くすという方法になります。そのため、一度してしまえば生えてこないのでお手入れが楽になるという面もあります。それ以外にも自分で毛抜きやワックスなどで抜くという方法もありますが、痛みを伴い、肌に負担をかけることもあります。
 次に「除毛」ですが、皮膚表面に出た体毛を取り去るという方法です。一番良く使われている方法ではないでしょうか。代表的な方法として、体毛を溶かす成分の入ったクリームなどを塗って数分置きその後洗い流す方法や、カミソリやシェーバーなどで剃るという方法のことを指します。簡単ではありますが、カミソリなどで肌を傷付けることもあります。
 最後に「抑毛」です。読んで字のごとく、体毛の成長を抑制する方法となります。具体的には、イソフラボンなど女性ホルモンに似た働きをする成分の作用により、毛が成長する周期を遅らせて伸びてくるのを抑制するのが狙いです。主に石鹸やローション、ジェルといった形の商品を使うようです。しかし、この方法だけでは時間がかかりすぎるのが難点となります。脱毛や除毛と一緒にすれば、脱毛・除毛効果が長く持つでしょう。