タグ別アーカイブ: ホルモン 毛深さ

ホルモンと毛深さの関係。体毛が濃くならないためにできること。

女の子はそれなりの年齢になってくると、自分の外見について気にしだします。その中でもやはり目に見えて分かる体毛には敏感に反応し、その問題を解決しようとします。「毛深いから」どうにかしたいと思ったりします。では、なぜ「毛深く」なるのでしょう?
毛深さの裏には、ホルモンバランスの崩れが必ずと言って良いほどあります。ホルモンバランスが崩れると男性ホルモンの分泌が盛んになり、そのため男性のように体毛が濃くなるのです。ホルモンバランスが崩れる原因にはいくつかあります。まずはストレスです。ストレスを感じると、ストレスに対抗しようとして副腎皮質ホルモンが分泌され、その結果、多毛症などの症状が出てきます。また、食生活の乱れでもホルモンバランスは崩れやすくなります。特に行き過ぎるようなダイエットなどで極端に体脂肪などが落ちてしまいますと卵巣機能の低下を起こし、結果として女性ホルモン不足になるのです。その他にも、思春期や更年期など、女性ホルモンのバランスが元々崩れやすい時期もありますし、骨盤が歪むことによって子宮・卵巣機能低下を起こし、女性ホルモン不足となることもあります。
では、「毛深く」ならないためにはどうすれば良いでしょうか? まずはストレスにさらされないこと、バランスの取れた食生活をすることを第一に考えましょう。そして、それを補うように、女性ホルモンに良いとされる食材でホルモンバランスを整えましょう。女性ホルモンに良いとされる食材は大豆製品で、この大豆製品に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをすることで有名です。ただし、以上のことをしたからといって、必ずしも毛深くならないというわけではないので注意なさってください。