タグ別アーカイブ: 多毛症

あなたの毛深さ、それ「多毛症」かもしれませんよ・・・

「毛深い」と思われているけど、実は違っていたということはありませんか? そういう場合に考えられるのが「多毛症」と呼ばれる症状かも知れません。「毛深い」のと「多毛症」はどこが違うのでしょうか?
まず「毛深い」という状態からご説明しましょう。医学的な見地から、「毛深い」というのは顔や手足に生えている産毛が多い状態であることを指します。とは言っても、何平方センチメートルあたり何本以上の産毛があれば「毛深い」というような基準はありません。
対して「多毛症」ですが、本来ならば産毛が生えてくる場所に濃くて太い毛が生えたり、男性にしか生えない場所(ヒゲや胸毛など)に毛が生えてくるという状態のことを指します。多毛症については原因として、男性ホルモンの過剰分泌であったり、卵巣異常や月経異常などの女性ホルモンに関わる異常。体質によるもの。副腎の異常。下垂体の異常。ステロイドなどの薬剤摂取による副作用によるもの。そして過度なストレスなどによって発症する婦人科系の「病気」であると言えます。
多毛症は病気であるということは、逆に言えば治療が出来るということでもあります。まずは病院で採血を行って、血中のホルモン濃度などを調べてもらいましょう。「多毛症である」と診断されたなら、それぞれにあった治療が始まります。主に、体質によるものは医療用レーザーを用いた除毛治療で、副腎や卵巣、下垂体異状によるものの場合はそれぞれの器官にあった治療法となり、さらに低容量女性ホルモン剤や抗男性ホルモン剤などの服薬治療を並行して行っていくと大きな効果が期待されるようです。
悩んでストレスを溜め込む前に、病院に相談してみましょう。